本文へスキップ

新着情報NEWS

中国コールタールピッチ情報

  2015年4月11日からの週は中国国内のコールタールピッチの市場取引が低迷している。一部の高品質のものが成約したものの、全体的には川下産業の需要が鈍化している。タールの価格が下がり、ピッチの原料原価に影響されると同時に、川下産業から値下げ交渉の圧力がさらに強い。

  中温ピッチは参考価格が1,650~1,800元/トン、改質ピッチは交渉余地の価格が1,900~2,050元/トン、アルミ用炭素は需要が低迷している。カーボンブラックオイルや、燃料油はビッチの用途とする需要量が限られている。結論とすると、当分の間にコールタールピッチの需要が低迷しつづける。

  原料市場では、4月11日からの週は中国国内のコールタール取引がいままでの延長正常にあり、主要生産地域の在庫は少ないが、タール精製工場は操業率が低い。価格では、主要生産地域は1,800-2,100元/トン、唐山地域は1,950元/トン、山東は2,050-2,100元/トン、河南は1,950-1,970元/トン、山西(現金)は1,800-1,850元/トン、鳥海(小切手)は1,900元/トンである。

  川下市場では、今週、中国電解アルミの稼働率は85.56%。黒鉛電極の価格は低価格に維持している。経済復活の見通しが良くないため、鋼材の生産過剰が依然に厳しい問題となる。したがって黒鉛電極は改善される可能性が低い。

出所:鑫椤資訊週報
2015/4/17


バナースペース

CMI株式会社

〒108-0073
東京都港区三田3丁目14番11号
鳥和三田ビル 8階

TEL 03-6453-9601
FAX 03-6453-9602