本文へスキップ

新着情報NEWS

中国・新奥社はグラフェンパイロット生産を試験的に開始

  新奥グラフェン産業は低品位炭からグラフェンを抽出した(抽出率は3:1、つまり、3tの低品位炭から、1tのグラフェンが抽出される)。また、事業全体への投資は20億元にのぼり、グラフェンの大規模化生産を実現させ、グラフェン生産量が1万t/年に達成した。
  新奥社は2017年5月のグラフェンパイロット生産で試験的にグラフェン成品を産出して以来、6月中旬まで連続20日間の運行を続け、新型材料において実質的な突破を実現することとなった。
  新奥社は、100t級のパイロット生産を行い、2017年2月から河北省廊坊市新奥科学技術パークに建設し始め、4ヶ月かけて設計、施工、単体テスト、連動テスト及び材料投入まで完成させ、2017年5月から順調に生産を開始した。
  将来、新奥社は主にグラフェンの生産、応用、研究開発をし、新型ナノ材料産業リンケージを計画する。国内ないし国際的に影響力のある新素材産業基地を建設する見込みである。


出所:鑫椤資訊
2017/6/15


バナースペース

CMI株式会社

〒108-0073
東京都港区三田3丁目14番11号
鳥和三田ビル 8階

TEL 03-6453-9601
FAX 03-6453-9602